ドラゴンクエスト9 星空の守り人 攻略ランド

ニンテンドーDS用ソフトドラゴンクエスト9 星空の守り人の攻略サイトです。
ドラクエ\の攻略、職業・装備品、クエスト等のデータ、宝の地図の魔王攻略。

【宝の地図の魔王「竜王」】


【▼竜王▼】
ドラゴンクエスト ソフビモンスター 3 りゅうおう
ドラゴンクエスト ソフビモンスター 3 りゅうおう・変身後

【▼竜王▼】
EXP G 使用技・行動
636002490Gつうこんのいちげき
しゃくねつのほのお(全体にダメージ)
Lv24〜 なぎはらい(全体にダメージ)
Lv33〜 れんごくかえん(全体にダメージ)
Lv48〜 やみのほのお(全体にダメージ)
Lv57〜 いてつくはどう(相手にかかっている全ての効果を無効にする)
【▼落とすアイテム▼】
地図Lv 落とすアイテム 落とすアイテム
Lv1〜Lv3ラダトームブーツ(15%)レッドオーブ(5%)
Lv4〜Lv8ラダトームかぶと(15%)レッドオーブ(5%)
Lv9〜Lv15ラダトームのよろい(15%)レッドオーブ(6%)
Lv16〜Lv25デスピサロの地図(10%)レッドオーブ(6%)
Lv26〜Lv40デスピサロの地図(15%)レッドオーブ(7%)
Lv41〜Lv56デスピサロの地図(20%)レッドオーブ(7%)
Lv57〜Lv68デスピサロの地図(25%)レッドオーブ(8%)
Lv69〜Lv80デスピサロの地図(30%)レッドオーブ(8%)
Lv81〜Lv90デスピサロの地図(35%)レッドオーブ(9%)
Lv91〜Lv99デスピサロの地図(40%)レッドオーブ(10%)
【▼ボス紹介▼】
ドラゴンクエストTに登場したボス。
【▼出現場所▼】
竜王の地図
宝の地図Lv80〜に出現するグレイナルを撃破すると、低確率(5%程度)で入手。
【▼HP▼】
7600〜
【▼弱点▼】
雷弱点
炎に強い
【▼攻略法▼】
たまに2回行動してくる。
Lv40〜からは3回行動する。
ある程度Lvが高くなるまでは、通常攻撃・つうこんのいちげき・しゃくねつのほのおしかしてこない。
スクルトとフバーハをしっかりとかけるのが大事です。
最初のほうはフバーハはなくても何とかなるので、必要に応じてかけよう。
Lv57〜にならないといてつくはどうをしてこないので、補助系はできるかぎりかけてください。
つうこんのいちげきが強烈で、600以上のダメージを受けます。

残りHPにより一撃で死ぬこともあるので、ザオリクを使える賢者を最低でも1人パーティに入れたほうがよい。
その賢者にクエスト「088 プリスナーの盾」達成報酬の盾の秘伝書を持たせておけば、つうこんのいちげきで即死することはなくなる。
賢者が死んだときのために、ザオラル系を使えるキャラクターなども用意しておこう。
また賢者がなるべく素早く動けるように、「ほしふるうでわ」を装備させるのがおすすめです。
ザオラル系を使えるキャラ以外にせかいじゅの葉を持たせると、なお良いです。
対策をしっかりとすれば、勝てるでしょう。

Lvが上がってくるとさらに攻撃も強力になるので、Lv90〜以上でも死んでしまうこともしばしばあると思います。
パラディンのはくあいスキルなどで、さいだいHPなどをできる限り上げておきたいです。
竜王のLvが高くなってくるとつうこんのいちげきのダメージが700以上になり、強烈です。
一人が死んだ状態を考えて、毎ターン1人がザオリク、一人が回復・補助、一人が攻撃(余裕がなければ回復・補助)を毎回やるくらいの覚悟が必要です。
さらに全体攻撃も300〜以上のダメージになることも多くなるので、フバーハをかけないとかなり厳しいです。
竜王より早く行動できるように、素早さが低い場合はほしふるうでわを装備させるのがおすすめです。

扇スキル(13P)で覚える「といきがえし」で、竜王が使うブレス系攻撃をはね返すのも有効ですが、もしなぎ払いをされると意味がありません。
パラディンの必殺技「パラディンガード」で無敵状態となり、はくあいスキル(82P)におうだちで一人で全ての攻撃を受けきるのもおすすめです。
パラディンガードできるようにするまでは、防御させておくと安全です。
そしてにおうだち中に、他のキャラがためるやおうえんで一気にテンションを上げて、はやぶさ斬りなどで強力な攻撃を叩き込めば勝つ可能性が見えてきます。
パラディンが二人いるとなお確実で、危なくなったらもう一人のパラディンのメガザルを使うのも手です。

せかいじゅの葉、せかいじゅのしずくをたくさん用意して、もし竜王を倒せなかったらリセット、倒せたらそのまま。にすればせかいじゅの葉などを無駄にしません。
クエスト「102 一流芸人への道」達成報酬の旅芸人の秘伝書で使える「たたかいのうた」で攻撃力を上げて、はやぶさ斬りなどで攻撃していこう。
おうえん・ためるでテンションを上げて、バイキルトなどで攻撃力を上げていっきにはやぶさ斬りで攻撃するのも良いでしょう。

スポンサード・リンク

トップページに戻る